運営方針

岩国ロータリークラブ 運営方針

会長方針

2021-2022年度
会長 前田 宏行

 新型コロナウイルスにより大きく変わった生活環境も、ワクチン接種により徐々に回復へ向かいつつあるように思えますが、まだまだ予断は許されない状況です。
 ロータリー活動もこの二年間は例会すら思うように開催できず、歴代会長幹事の皆様は随分ご苦労されたことと思います。
 今回のコロナ禍は社会的にも経済的にも、そしてロータリー活動にも大きなダメージを与えています。例会での交流の機会は激減し、多くの事業が中止となりました。
 しかし、考え方によっては悪いことばかりではなく、気付かされたことも多々あったように思います。いかにして、例会を開催するか考え、Zoom例会を立ち上げ、みんなが参加しやすい例会を目指し出席率も向上しました。
 こういう時代だからこそマイナスをプラスに変える知恵を出し、ロータリアンとして求められる「奉仕」を実践していくことが大切です。
 2021-22年度国際ロータリー会長のシェカール・メータ氏は、「人のために世話をし、奉仕することが最良の生き方。なぜなら、その経験を通じて誰かの人生だけでなく、自分の人生を豊かにできるのだから……。」と述べられています。そして今年度のテーマを、「Serve to Change Lives『奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために』」とされました。
 第2710地区ガバナーの杉川 聡氏は、本年度のガバナー信条を『みんなのためになるかどうか。未来のためになるかどうか。』~多様性を受け入れ、相互理解を深めよう!!~とされています。
 クラブ運営の積極的支援や、会員基盤の強化、クラブのDX(デジタルトランスフォーメーション)・ロータリー奉仕デー推進支援、そしてロータリークラブとローターアクトクラブ間の協力強化など様々な施策を考えておられます。
 当クラブも、今年度は「奉仕」に焦点を向け、できる限りの奉仕活動を実施していきたいと思います。
 2021-22年度岩国ロータリークラブのテーマは『ロータリーの原点は奉仕の心』~今できることをしよう~としました。
 本年度は岩国3ロータリークラブと他団体による共同開催での「ロータリー奉仕デー」の実施を計画しています。また新型コロナにより中止となったIMの開催など、本来の活動が再開できるように知恵を絞り、少しでも地域社会のためになる活動、会員同士の絆が深まる活動、そして未来のロータリアンにバトンタッチできる活動を一つでも多く実施できるように努めてまいります。
理事・役員・委員会編成表
役員 理事
会長 前田宏行 会員組織 伊藤進吾
会長エレクト 小林元壯 奉仕プロジェクト 村元通晃
副会長 天羽満則 ロータリー財団 藤本修久
直前会長 中邑隆哉 米山記念奨学会 山本朋宏
会計 藤村敏行 職業奉仕 斎藤龍一
幹事 坂井幸栄 社会・国際奉仕 金川律夫
SAA 豊田清一郎 増強・選考・分類 足谷浩司
副幹事 松塚茂治 IM実行委員会 山本茂男
ガバナー補佐:上田文雄 補佐幹事:鈴木義治
委員会 委員長 副委員長 委員
クラブ管理運営
(中邑隆哉)
出席 弘田公孝 山田興亜 中村安紹 村岡敏夫 吉田藤一 高田康秀
間野晴好 藤中 整 今西桃太郎  
親睦 樫迫将人 都留真弘 友田洋介 大谷 悟 森川徳男 平野 茂
川島 裕      
プログラム 中邑隆哉 森口達也 吉居俊朗 末松健二 宇野考典  
公共イメージ
(鈴木義治)
雑誌会報 鈴木義治 岩崎秀史        
会員組織
(伊藤進吾)
増強・選考・分類 足谷浩司 中村雅幸 平本日出男 深川暢也    
ロータリー情報 伊藤進吾 天羽満則 上田文雄 武田正之    
奉仕プロジェクト
(村元通晃)
職業奉仕 斎藤龍一 高島博文 岡本征士 村上雅典 沖村昭信 酒井太市
社会・国際奉仕 金川律夫 村重雅崇 末永 睦 髙田洋美 斎藤安彦 藤村敏行
青少年奉仕 村元通晃 樫山貴彦 保田浩平 寺本光司 酒井 佑 岩崎秀史
ロータリー財団
(藤本修久)
ロータリー財団 藤本修久 米重尊雅 舛本行広 村岡茂孝    
米山記念奨学会 山本朋宏 松塚茂治 安東榮一 沖井洋一    
SAA 豊田清一郎 村上晃徳 田辺正浩 鵜飼秀行 品川邦彦 末永 睦
堀川功次郎      
奉仕活動基金 中邑隆哉 金川律夫 天羽満則 坂井幸栄    
IM実行委員会 山本茂男 金川律夫 豊田清一郎 村上晃徳 樫迫将人 都留真弘
樫山貴彦 中村雅幸    
戦略計画委員会 天羽満則 前田宏行 坂井幸栄      
小林元壯 松塚茂治      
会計 藤村敏行 宇野考典